医院の方針

ご挨拶




平成17年に開院以来、多くの患者様にご来院をいただき、現在カルテ番号も10,000名近くになりました。当院がまず皆様の医療のゲートとして、病気の早期発見と専門医への迅速な紹介が出来るように心がけております。
また、疾病予防のため多くの取り組みを行っておりますので、是非ご相談ください。

橋本内科クリニック  院長 橋本 泰樹

医院開業の方針

(未病予防医学の立場から)東洋医学の病理概念のなかに未病という言葉があります。
病気と言うほどではないけれど、病気に向かいつつある状態のことです。
この場合、自覚症状も無く、一応健康であるが、病気に近い健康状態を言います。人は、病気になって初めて慌てて治療に医師の門をたたきます。しかし、病気の前兆はあります。特に現代は検査方法の発達により、かなり前から病気の兆候をつかみ予防することができます。私どものクリニックはこのことを重要視し予防医学に心掛けています。

当院では一宮市の協力医療機関として、特定検診、後期高齢者医療健康調査、各種がん検診を実施しております。これらの検診をベースに、病気の早期発見、発症進展の予防を心掛けています。糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の診療は、当院の診療骨格をなすもので、これらにつき最も効果的な対策を行います。

病診連携—近隣の病院との連携

十分な診療レベルを確保するためには、当院だけでは診療を完結することは不可能です。
そのため当院から毎日一宮市民病院、一宮西病院、山下病院、大雄会病院などの近隣の医療施設に多数の患者紹介を行っております。

橋本泰樹(院長)経歴

昭和51年 大阪府立豊中高校卒業、同年 岐阜大学医学部入学
昭和57年 岐阜大学医学部卒業 同年医師国家試験合格 神戸大学医学部付属病院内科研修医
昭和58年 財団法人 北野病院 内科研修医
昭和59年 財団法人 北野病院 内科医員
昭和61年 昭和大学藤が丘病院 内科後期助手
平成元年 神戸大学医学部付属病院 内科医員
平成2年 米国マイアミ大学医学部内科フェロー(退役軍人病院勤務)
平成3年 財団法人 北野病院内科副部長
平成7年 高槻病院 内科医長
平成9年 神戸大学医学部非常勤講師
平成11年 静岡市立静岡病院 腎臓内科部長
平成12年 徳島大学医学部 非常勤講師
平成14年 徳島大学医学部 臨床教授
平成15年 一宮市立市民病院 腎臓内科部長 同年 名古屋大学医学部 臨床教授
平成16年 名古屋大学医学部 非常勤講師
平成17年 橋本内科クリニック院長 現在に至る

(学位・専門医等)

昭和60年 日本内科学会 内科認定医
昭和62年 日本内科学会 内科専門医
平成2年 医学博士 (神戸大学医学部)
平成4年 日本腎臓病学会 認定専門医・日本透析医学会認定医
平成5年 日本内科学会 指導医・日本透析医学会指導医
平成7年 日本腎臓病学会指導医
平成19年 日本医師会認定産業医
平成25年 日本医師会認定健康スポーツ医
平成26年 日本障がい者スポーツ協会認定スポーツ医
平成28年 日本体育協会公認スポーツドクター

瀬川(橋本)聡子 医師

瀬川(橋本)聡子 経歴

平成7年 東京女子医科大学卒業
平成7年 東京女子医科大学 糖尿病センター入局
平成10年 東京女子医科大学 皮膚科学教室入局
平成12年 同愛記念病院 皮膚科医員
平成13年 東京女子医科大学 皮膚科学教室帰局
平成17年 一宮市病院 糖尿病内分泌科
平成19年 一宮市病院 内科医長
平成25年 橋本内科クリニック 勤務

(学位・専門医等)

平成10年 日本内科学会 認定内科医
平成20年 日本医師会認定産業医
平成22年 日本糖尿病 学会専門医